【著名人・芸能人の反応】即かわら版

芸能・スポーツ等の気になることをまとめたサイトです。

【芸能人の反応】ユーチューバーに対して/坂上忍、有吉弘行など

スポンサーリンク


f:id:JasonTaka:20171009090501j:image

動画配信サイト「YouTube」で動画を配信して生計を立てているユーチューバー。

 

現在日本での人気youtuberといえばヒカキンさんやはじめしゃちょーさんが有名で、彼らは多くのファンも抱えていてかなりの影響力を持っています。

 

そんなユーチューバーという職業に対しては、賛否両論があると思うのですが、

今回はユーチューバーに対する芸能人の反応をまとめていきます!

芸能人の反応

 

坂上忍

「今の子どもたちが、僕ら世代になったときにヤベエのかなって、急に思い始めてきた」

「僕ら(芸能人)にとったら敵ですよ」

「だから、負のイメージのほうが、ちょっと強すぎるのかもしれない」

 

・明石家さんま

※ピコ太郎の世界的大ヒットに対して、

「YouTubeをどんどん利用せなあかんよね。俺もYouTube始めようかな、これだけ影響があったらな」

 

・蝶野正洋

「やるならきちんと学んで、ビジネスとしてやった方がいい」

「きちんとやればすごくいい収入になる」

 

・misono

※はじめしゃちょーのメントスコーラの動画に対して、

「当時、私は月収7万円で、メントスもコーラも買うお金がなかった。それなのに、こんな問題を起こして、私は子供が産まれても絶対にYouTubeは見せない!」

 

・田中圭一(漫画家)

※youtuberが批判されがちな風潮に対して、

「60年代70年代にマンガに向けられた厳しい目に近いような気がする」

「新しい娯楽への拒否反応じゃないの?」

 

・テリー伊藤

※過激な動画を配信するユーチューバーに対して、

「僕らは面白おかしいことはやってましたけど、テレビというルールがあって、あまりにもひどいことはやっぱりオンエアできない」

「自分だけで考えているから何が面白いのか、何が変なのか分からなくなって来る」

 

・鈴木おさむ(放送作家)

「うちの息子は2歳になり初めて覚えた有名人が「ヒカキン」だ。」

「この20年で芸人さんもいろんなタイプが出てきて、ブームから定番になったように、YouTuberもその段階に入った気がする。」

 

・杉浦太陽

「必ずしもヒットするとは限らないから、一生やる職業としては、自分の子供に薦められない」

「ちゃんと他に仕事を持って、その他で副業としてやるのはいいと思います。ただ、子供たちの夢(本職)がYouTuberと言われると、ちょっと引っかかります」

 

・元広克行(映画監督)

「脚本も書いて、カメラも回して、照明もやってというYouTuberは僕の逆だから、(僕は)何もできない」

 

・渡辺正行

※youtuberなどとの共演に対して

「面白い才能があれば興味があるし、作られた映像の中だけが面白いのであれば興味がないし、人間的に面白いか面白くないかが基準」

 

・有吉弘行

「どこかしらからファンを見つけてきて、お金をいっぱい稼いでるんで大したもん」

「牛乳いっぱい飲んだりとか、牛乳のお風呂に浸かったり。そんなのが面白いんだ?凄いね、ネットって進んでるね、やっぱり」

 

以上がyoutuberに対する芸能人の反応になります。

 

テレビでは芸能人がユーチューバーに対して皮肉混じりのコメントを見ることが多いですが、

探してみると以外と肯定的に思っている人も多い印象でした。

ではこの辺で。