即かわら版

「芸能・スポーツ・政治・経済」のニュースを分かりやすく!取り上げます。

【プラヴォ・ヤズディとは?】イグノーベル賞の実話を簡単に説明!

スポンサーリンク

日本テレビ「そんなことある!?」で取り上げられる

プラヴォ・ヤズディ

今回はプラヴォ・ヤズディについて簡単にまとめていきます!

 

プラヴォ・ヤズディ騒動とは?

アイルランドでは1995年から急激に経済成長をするのですが、

このことを「ケルトの虎」と言われています。

 

「ケルトの虎」で好景気のアイルランドには貧しい国であるポーランドなどから仕事を求めて大量の移民がやってきました。

 

そういったポーランド人が増えたアイルランド国内ですが、あることに頭を悩ませていました。

 

それは「ポーランド出身のプラヴォ・ヤズディによる交通違反」です。

 

プラヴォ・ヤズディはアイルランド国内のあらゆるところで駐車違反やスピード違反を犯し、違反の件数はなんと50件以上。

 

アイルランド警察はこのポーランド人プラヴォ・ヤズディをどうにかしなければと思っていましたが、ひとつ不可解な点が…

 

それは交通違反で取り締まるたびに、プラヴォ・ヤズディの住所が変わっているということです。

 

警察はこのことで本格的に調査を始めたのですが、とんでもない事実が発覚することになります。

 

「プラヴォ・ヤズディは存在しない」

 

実はプラヴォ・ヤズディという言葉はポーランド語で「運転免許証」という意味で、

そのような人物が存在するはずもありませんでした。

 

つまりこの一連の真相がどうゆうことかというと、

 

ポーランド人の交通違反を取り締まったポーランド語が分からない警察官がポーランドで発行された免許証をみて、プラヴォ・ヤズディ(運転免許証)を名前だと勘違いしたということです。

 

↓上部真ん中に記載しているPRAWO JAZDY(プラヴォ・ヤズディ)

Prawo Jazdy に対する画像結果

 

なんともマヌケな騒動なのですが、話のオチが落語みたいなのでだれかに話したくなりますね♪

 

ちなみにアイルランド警察はこの騒動によって2009年にイグノーベル賞を受賞しました。

 

イグノーベル賞の理念が「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる」ということなので、プラヴォ・ヤズディ騒動にピッタリすぎる賞であります♪

アイルランド警察には皮肉ではありますが…

ではこの辺で。