即かわら版

「芸能・スポーツ・政治・経済」のニュースを分かりやすく!取り上げます。

【coba(コバ)】ボーダーシャツばかり着用?セントジェームスを愛用!【アコーディオン】

スポンサーリンク

2月11日に放送の「有吉反省会」に出演する

cobaさん

 

今回はcobaさんの

・プロフィール&経歴

・ボーダーシャツばかり?

以上をまとめていきます‼

 

プロフィール&経歴

f:id:JasonTaka:20170211215917j:image

【プロフィール】

芸名: coba(コバ)

本名: 小林靖宏(こばやし やすひろ)

生年月日: 1959年4月29日(57歳)

出身地: 長野県長野市松代町

職業: アコーディオニスト、作曲家

 

【経歴】

幼い頃から音楽に触れ合っており、10歳のときにアコーディオンを始めます。                      

18歳でイタリアへ渡り、1979年にアラッシオ国際アコーディオンコンクールで1位を受賞し、翌年には「第30回C.M.A世界アコーディオンコンクール」で東洋人として初めて1位に輝きます。                                                        

1991年にはアルバム「シチリアの月の下で」をリリースし、同アルバムで「第34回日本レコード大賞特別賞」を受賞します。 

現在までにアコーディオニストとして30枚以上のアルバム作品を発表しており作曲家としても活動されています。

 

 ボーダーシャツばかり着用?

 

cobaさんといえばとにかくボーダーシャツを着用していることで有名です!!


f:id:JasonTaka:20170211215932j:image

cobaさんにとってボーダーシャツは正装で、フランスのアパレルメーカー「セント・ジェームス」のボーダーシャツが大好きみたいで   500着以上所有しているそうです‼

 

セントジェームスのボーダーシャツはあの有名なピカソも愛用していたそうで、cobaさんはピカソが着用している写真を見て「格好いい。ボーダーが似合う男になりたい。」と思ったそうです♪

 

毎回番組に出るときも自費でセント・ジェームスのボーダーシャツを購入していたことから、ある時セント・ジェームスの社長から感謝の電話がかかってきて「良かったらうちの工場でアコーディオンを演奏してくれませんか?」と言われ、実際にフランスのセント・ジェームスの工場まで行って演奏したそうです。

 

しかし工場での演奏は社長から誘われたにも関わらず全て実費で行うことになってcobaさんは疑問を抱いていたのですが、演奏の帰りにはカスタムモデルは作らないことで有名なセント・ジェームスから「coba」の名前が入った特注のボーダーシャツをプレゼントされたそうで行った甲斐はあったそうです♪

 

ちなみにcobaさんはボーダーシャツを500着以上持っていて、セント・ジェームスのボーダーシャツは大体1万円前後するので、cobaさんはボーダーシャツだけで500万円以上使っていることになります!!                                

お金持ちですね♪

 

最後に‼                                                                

国境を越えて世界各国で名が知れ渡っている   cobaさん。1度は生演奏を聴いてみたいですね♪

ではまた‼